PayPalアカウントを完全回復する方法

東京の電話番号から自宅宛に電話がありました。はじめは営業の電話だと思っていたのですが、どうやらインターネットでの決済サービスPayPalの日本支社から本人確認の電話でした。

というのもこの電話がかかってくる少し前に私のPayPalアカウント不正利用されたようでアカウントが停止され、本人確認の最中でした。不正利用されたのは2回目だったりするのですが、こんなにPayPalアカウントが簡単にのっとられるとは・・・。

メールやフォームから本人確認用の資料を送付し後に電話があるとはPayPalからのメールにもどこにも書いてなかったので突然すぎて驚きました。かかってきた電話番号ですが、同じような状況の方のためにメモしておきます。PayPal側の本人確認は「03-5365-9095」の電話番号からかかってくるようです。

PayPal(日本語)のサイトにあるカスタマーサービスには記載されていない電話番号です。電話でPayPalにお問い合わせする場合は、03-6739-73600120-271-888(フリーダイヤル)、または03-5767-5552にかけましょう。先の番号にこちら側から書けると部署が違うかのうせもありますので・・・。

因みに、この電話がかかってくる前にPayPalから来たメールには、どこにも電話してくるよという記載はありません。逆に7営業日以内に暗証番号が届かない場合は電話をしてほしいとの内容が書かれています。

電話口では、PayPal社員の方であろう男性がスマートに対応してくれました。これといって難しいものではなく、PayPalアカウントに登録されている電話番号宛に電話があり、提出した本人確認書類の情報とPayPalアカウントに登録されている情報について確認されます。

おそらく私の場合は、PayPal初期のころにPayPalアカウントを作成したため登録情報がローマ字表記になっており、提出書類の表記が日本語だったためこのように電話確認があったようです。

最終的にはPayPal側でローマ字表記から日本語表記に変更する趣旨に口頭で同意し、後日、5桁の暗証番号が記載されたハガキが届くことを伝えられました。

PayPalから簡易書留が届く

電話があってから3日後ぐらいにPayPalから5桁の暗証番号が書かれた簡易書留が届きました。インターネット関連の会社で電話がかかってくるのも少し不思議でしたが、書留が届くのも驚きました。実際に届いた書留が以下の画像です。大切な部分は黒塗りしています。

PayPalからの簡易書留 宛名側

PayPalからの簡易書留 内容

画像ではわかりにくい部分もあるかと思いますので、文章でも表記しておきます。暗証番号と本人確認するための手順がかかれています。

拝啓、時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素よりペイパルをご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度は、弊社PayPalPte.Ltd.の本人確認手続きにお申し込みいただきありがとうございます。以下のアカウントの審査が無事完了しましたのでお知らせいたします。つきましては、ペイパルにログインいただき、下記の暗証番号を「本人確認手続きページ」より入力いただき、本人確認の手続きを確認いただけますようお願いいたします。

!本人確認完了まであとわずかです。
必ずお読みください。

下記のステップに従って、本人確認を完了してください。

1. ペイパル(www.paypal.jp)にログイン、画面上部のリンクをクリック。
2. 左ページに記載された5桁の暗証番号を入力。
3. 別途、ご提出いただいた法人住所宛に暗証番号をお送りしています。同じステップで「法人・その他組織用暗証番号」欄より暗証番号を入力いただき本人確認を完了してください。

なお、適用されますユーザー規約についてはwww.paypal.com/jp/legalをご参照ください。
ご質問・ご不明な点がございましたらカスタマーサービスまでご連絡ください。
今後ともペイパルをよろしくお願いいたします。

■カスタマーサービス(9:00~18:00/土・日・祝 休)
0120-271-888/フリーダイヤル
03-6739-7360/携帯電話から  ※通話料がかかります

PayPalアカウントを完全回復する

書留のハガキに記載されている指示に従いPayPalのトップページからログインします。
https://www.paypal.jp/

ログインすると「転送不要書留郵便で暗証番号を送りました。こちらをクリックして、5桁の暗証番号を入力してください。」と表記されていますので、こちらのリンク部分をクリックして次のステップページへとびます。

339-s1

リンクをクリックすると「本人確認ページ」へ飛ばされます。そのページ下部のほうに暗証番号を入力ボタンがありますので、このボタンを押します。

399-s2

ハガキに記載されている5桁の暗証番号を入力し「確認」ボタンを押します。

アカウント取引責任者用暗証番号の入力

PayPalアカウントトップページへ飛ばされ、下記のようにグリーンの枠内に「書類をアップロードいただき、ありがとうございます。お客様の本人確認が完了しました。お客様は、お支払いの受け取りを含むすべてのビジネスアカウントの機能のご利用いただけます。」と表示されます。これでアカウントは完全回復しました。

399-s4

その後、PayPalから登録メールアドレス宛に「本人確認が完了しました」とのメールが届きます。さらに、下記のような完全回復のページが再ログインした際に表示される場合は、「続行」ボタンを押してください。

お客さまのアカウントアクセスは完全に回復されました

これでPayPalアカウントの本人確認が完了し、アカウントが完全回復しました。

今回のPayPalアカウント停止の原因は、アカウントの不正使用によるアカウント停止が原因でした。おそらく登録しているメールアドレスがどこかから漏れたのが原因だと思います。常日頃からパスワードを複雑なものに設定するなどしてセキュリティ対策を練らなくてはダメですね。

引用: PayPal(日本語) – ペイパル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください