無料サーバーと有料サーバー(レンタルサーバー)を使うユーザーの違い

今回は、作成したウェブサイトを公開するサーバーについて、無料サーバーと有料(レンタル)サーバーを使うユーザーの違いについてお話ししたいと思います。

無料サーバー、有料サーバー(レンタルサーバー)のお話の前に、私が使っているレンタルサーバーにご興味のある方は、こちらの記事「用途に合ったレンタルサーバーを探す」を参考にしてください。本ウェブサイト(ウェブファイト!)も同じサーバーで運営管理しています。

それでは、本題です。

作成したウェブサイトを公開する際に必要となるのが、ドメイン・アドレスとサーバーです。自分の目的、技術レベル、資金によってこれらの選び方は変わってくると思います。無料サーバー、有料サーバー(レンタルサーバー)について、それぞれどういったユーザー向きか分けてみました。

無料サーバーをおすすめするユーザー

  • 資金面、ランニングコストがどれぐらいかかるか不安な方
  • はじめてブログを開設する方
  • 節約が好きな方

有料サーバー(レンタルサーバー)をおすすめするユーザー

  •  ウェブサイトを何度か運営管理したことがある方
  • PHP、Javascript等の難しい言語が使える方

いかがでしょうか。無料サーバーをおすすめするのは、ほとんどがウェブサイト構築初心者の方です。主な理由は、ほとんどの方がスタートはまじめに取り組むものの1ヶ月後には見向きもしないパターンが予想できるからです。そこで無駄なコストを使うのはもったいないです。また、ブログなどを開設する場合も他のユーザーがすでにたくさんいる無料のスペースから開始した方がモチベーションを維持できます。

ただし、すべての初心者におすすめするわけではなく、本当にビジネスとしてウェブサイトを運営構築したい方は、ぜひ有料サーバー(レンタルサーバー)を使ってみて下さい。何度か技術的な壁にぶつかると思いますが、それを調べて解決することでスキルが身に付きます。そして、その頃には無料サーバーの制限にイライラしはじめるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください